コスモスおおさかについて

ご挨拶

支部長ご挨拶

支部長このたび、令和2年9月25日に開催されました大阪府支部定時総会において一般社団法人コスモス成年後見サポートセンター大阪府支部(通称:コスモスおおさか)支部長に選任されました泉井亮太と申します。

コスモスおおさかは平成23年8月1日に設立し、来年10周年を迎えます。就任に際し、その職責の重大さを痛感し身の引き締まる思いです。

当支部は設立以来、自らの意思や希望を伝えることが困難である高齢者や障がい者の方々に寄り添い、ご本人の気持ちを第一に考え、活動をおこなって参りました。

会員はすべて国家資格者である行政書士です。コスモスおおさかの特徴の一つとしてあげられるのは、ご本人様への定期訪問・生活環境の整備・医療や介護サービス等の契約・変更、高齢者向け施設等への入退去に係る手続きなど、特に「身上保護」に力を入れていることです。
また、ひとつの不正が成年後見制度全体への不信につながることから、不正防止を徹底すべく、会員には3カ月ごとに、現金出納帳、通帳のコピーなどの提出を求め、不明確な事項に対しては説明を求めるなどの「不正防止措置」を講じています。
さらに近時は、ご相談にかかる事案が複雑で高度なものも増えてきました。このような事案に対応するために、専門的な研修を実施したり、会員間で情報共有をしています。
また当支部では、成年後見制度の普及啓発を行うため、相談会やセミナー、勉強会に講師を派遣しています。意思決定が十分なうちから、任意後見制度を含む成年後見制度の理解にとどまらず、エンディングノートや遺言など終活に関する知識を得ておくことはとても重要です。

成年後見制度の必要性を広く多くの方にわかりやすくご理解いただくため、寸劇にも力を入れており、おかげさまで好評です。10周年に向け、さらに充実した寸劇になるよう準備中ですのでご期待ください。コロナ禍で相談会等も一時中断しておりましたが、ZOOMなどを活用したり、十分な感染防止対策を実施したうえで、関係機関とも緊密に連携をとりながら、順次再開したいと考えております。

今後もコスモスおおさかは、成年後見制度の一層の利用促進に向けて、誠心誠意取り組んでまいります。いつでもコスモスおおさかにご相談ください。

大阪府支部長 泉井 亮太